ツール2020

約2ケ月遅れではありますが、今年もツールドフランス始まりました。

多くのスポーツイベントが中止されたり無観客で行われたりする中、よくぞ開催してくれました。

テレビ越しで観る限りは例年と変わらない様子に安心してますが、感染者を出したチームには厳しい対処が課せられるとのこと。何とか最後まで無事に終わることを祈るばかりです。

それにしても、チェレステカラーが今年もやけに速そうに見えます。

想定外

想定外と言う言葉は好きではありませんが、これほどの事態になるとは全く想定外でした。
もちろん私だけじゃなく全世界のあらゆる皆さんも同じでしょうが。
それにしても、我々の日常のなんと儚いことか。
目に見えないごく小さなウイルスだけのために、いつもの仕事や生活が、そして先の予定までもがあっという間に変わってしまいました。
人間の営みや企みのちっぽけさを痛感させたれました。いや、させられている最中と言うのが正しいですね。
この先どうなるのかはわかりませんが、一日も早く終息し日常が戻ることを期待するばかりです。

残念

無事な開催を願っていた東京2020、そして聖火リレーの延期が正式に決まりました。

やむを得ない事態とは言え残念です。

誰かが言っていたように、楽しみが1年先になったと思うしかありません。

私も聖火ランナーをさせていただくことになっていただけに、肩透かしを食らったような脱力感を感じているのが正直なところですが、それよりも今の事態がこれからの国に与えるであろう様々な影響が心配されます。

我々にできることは言えば、相変わらずコツコツと足元のやるべきことを一つずつやっていくのみですが。

今年への期待

春が近くなってきました。

この冬は記録的な暖冬ということで商売のほうはサッパリでしたが、さほど寒くないおかげで一度も風邪をひかずに済みそうなのはありがたいことです。

世の中はウィルス騒ぎが収まらず、連日のように感染者の数が増えているようですが何とも物騒な限りです。一日も早い終息を心から祈るばかりです。

穏やかな1年であることを願って迎えたばかりの令和2年は思わぬ波乱のスタートとなってしましたが、「色々あったけど終わってみれば東京2020も成功裏に終わってにぎやかな良い年だった」と思える1年であることを心から願っています。

ラグビーワールドカップ

ラグビー面白いですね。ハマってます。

もちろんプレー経験はありませんし、これまで真剣に観たこと無かったんですが、ワールドカップってことで、知らず知らずに観ちゃいますね(^^;;
スピードとパワーはもちろんですが、選手を守る厳しいルールとフェアなプレーは観るものを魅了します。
特にハードなコンタクトが多い競技なのにサッカー以上に安心して観戦できるところが気に入ってます。(用語が難しいのがたまにキズですが…)
しかし、あれほどの巨漢があんなに早く動けるとは驚くばかりです。
それにしても、
ワンチーム
いい言葉ですね。