インナーピース

「平常心」という意味らしいですが、先日全豪オープンに優勝した某女子テニスプレーヤーが使っている言葉ということで始めて知りました。

いい言葉ですね。

彼女いわく「自分のメンタル年齢は大会中に3歳から5歳に成長した」とのこと。

そのコメントを聞いて、彼女が5歳なら私は一体何歳ぐらいなのかと心配になりました(もちろん確実にそれよりもかなり下です笑)

産油国や元売りさんを含め世の中すべての油屋さんが、メンタル年齢を高めてインナーピースで商売できる1年であってほしいと願います。

2019年

新年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年は元旦から天気が良くて、久しぶりに初日の出を見ることができました。

お正月三が日もまずまずの空模様で、街中はたくさんの人出で賑わっていたようです。

今年こそは明るい話題にあふれる良い年になるように祈ります。

三島石油も安全祈願祭などの年始の行事を終えフル稼働しております。今年も様々な事業を通じて地域を大いに元気づけていきます。本年も変わらぬご愛顧をいただきますようお願い申し上げます。

宮崎

12月某日、所用で宮崎市へ行ってきました。

南国宮崎、さぞや暖かいだろうという期待はむなしく、北陸と何ら変わらない肌寒さ。

でも、さすがに国内有数の農業県らしく、お米も野菜もお肉もどれも大変おいしくいただきました。特に焼酎はロックで飲むのに適した軽めのアルコール度数でつい飲み過ぎてしまいがち(汗)

次に行く機会があれば、ゴルフバッグは必携ですね。

国道416号

国道416号の小松と勝山を結ぶ道が開通したというので早速行ってきました。

市内を出て大杉の奥から牛首峠を上がり目的の416号へ。

相変わらず、新保の道は狭くて自動車の交差もままならない難所。

そこを抜けるとようやく新しく開通した道に出ましたが、これまた狭くてものすごい激坂。

便利になったのかもしれませんが、いくらなんでも狭すぎ。危険すら感じました。

もう少し何か安全対策を考えないと大きな事故につながりかねないコースだと思います。

帰りは迷わず別の道を選びました。

追記 もちろん自転車で挑戦するほどの脚は有りません。残念ながら…(^^;;

災害対策

今年は大雪に始まって大雨、台風、地震と自然災害の多い年です。被災された方には心からお見舞い申し上げます。年が明けるまでまだ3ヶ月ほどありますが、少なくとも年内はこれ以上何も起こらない事を祈るのみです。

こうした自然災害のもとでは人間は為す術もありません。ひたすら無力です。世の科学者や技術者の方には、必要以上の自動化や便利化の向上に労力を割くよりも自然をコントロールする技術を開発してほしいものです。

それにしても、災害が発生するたびに「想定外」を連発し、対応が後手に回る国や自治体、大企業の様子からは、儲からない事には真剣に取り組まない姿勢や、前例と予算がないことは自発的に手を出さない(出せない?)姿勢が透けて見えます。

働き方改革やふるさと納税も大切なのでしょうが、ここら辺が「民を守る」という政(まつりごと)の肝じゃないでしょうかねぇ…