災害対策

今年は大雪に始まって大雨、台風、地震と自然災害の多い年です。被災された方には心からお見舞い申し上げます。年が明けるまでまだ3ヶ月ほどありますが、少なくとも年内はこれ以上何も起こらない事を祈るのみです。

こうした自然災害のもとでは人間は為す術もありません。ひたすら無力です。世の科学者や技術者の方には、必要以上の自動化や便利化の向上に労力を割くよりも自然をコントロールする技術を開発してほしいものです。

それにしても、災害が発生するたびに「想定外」を連発し、対応が後手に回る国や自治体、大企業の様子からは、儲からない事には真剣に取り組まない姿勢や、前例と予算がないことは自発的に手を出さない(出せない?)姿勢が透けて見えます。

働き方改革やふるさと納税も大切なのでしょうが、ここら辺が「民を守る」という政(まつりごと)の肝じゃないでしょうかねぇ…