転がる石に苔むさず

~英国と米国では解釈が違うようですが、ここでは米国的な積極的な解釈で~

小さな石の時は水の勢いに任せてよく転がっていたが、年齢とともに少しずつ大きな石と成長し、それにつれ転がりが悪くなり、そのうち少々の流れでも動かずどっしりと落ちつき次第に苔むしていく。

それはそれで安定しているのだが、いつの間にか後ろから来る若い小さな石にとってはスムーズに転がるのに邪魔でしかない存在となっていく。

適度に転がる石でありたいものです。