・タイヤ

タイヤ

タイヤは安全走行において大事なパーツです。不具合のあるタイヤは早めの交換をおすすめします。
タイヤメーカー認定のタイヤアドバイザーがいる当店なら、タイヤ購入後も安心です。


■ タイヤ作業料金表

タイヤ交換(脱着) 軽四 648円〜 普通車 756円〜 RV大型 972円〜/本
タイヤ入替 1,620円〜/本
バランス 1,080円〜/本
廃タイヤ処理料 普通 324円〜/本 大型 324円〜/本
ホイール付 648円〜/本
パンク修理 1,944円〜


詳しくは、サービスステーションにお問い合わせ下さい
ブリヂストンで愛車にあったタイヤを検索できます


■ タイヤのチェックポイント

●タイヤの空気圧は自然に低下するので定期的なタイヤの空気圧チェックを!!
イメージタイヤのトラブルを未然に防ぐには、定期的なタイヤのエアチェックが必要です。高速道路におけるロードサービスの出動理由でも、タイヤの不具合が最も多い理由になっています。
タイヤの空気圧は、パンクしていなくても自然に抜けていくため、月に一回はタイヤの空気圧のチェックが必要です。
ロープロタイヤは、タイヤのサイド部分のたわみが少ないため、空気が少ない状態でもタイヤの形に変化が少ないため、減っていてもそれに気付かずに走行し、バーストしてしまうケースが増加しています。
たまにしかクルマに乗らない方などは特に、定期的なタイヤチェックをオススメします。

お気軽にお近くのサービスステーションでおたずねください。


●タイヤの溝が減ると、雨の日には止まりにくくなり危険です
タイヤのサイドにある▲印の先にある小さい凸山(スリップサイン)でタイヤの使用限度がわかります。
この山が路面に接地したら、タイヤの交換時期です。道路交通法でも、このスリップサインが接地した状態でクルマを走らせることは、整備不良ということで使用できなくなります。それ以上に雨の日など非常に危険ですので、早めに交換しましょう。

スリップサイン

●タイヤのローテーション
フロントタイヤは、ハンドルを切る関係上外側がどうしても減りやすく、特にFF(前輪駆動車)はかじ取りと駆動をフロントタイヤにすべて依存しているため、その傾向が顕著に表れ、そのまま走行をすると、タイヤの寿命を大きく縮めてしまいます。
FF(フルタイム4WDを含む)は5,000kmに一回、FRは10,000kmに一回 ローテーションをしましょう。そうすることで4本均等にタイヤを使え、その結果、寿命を最大限引き伸ばすことが可能です。
タイヤローテーションは、下図のように行いましょう。FF(前輪駆動車)とFR(後輪駆動車)では、ローテーションパターンが異なります。
また、タイヤの回転方向に指定がある場合は、クロスさせずに前後にローテーションしましょう。

 ※タイヤの種類によっては、回転方向の指定などがあります。
  指定がある場合は、前後のローテーションにして、クロスはさせないでください。
  また、一部スポーツカーなど、前後でタイヤサイズが異なる場合は、ローテーションできません。

タイヤローテーション

ページトップへ

SSネットワーク愛車のお手入れ車検中古車販売保険灯油・配達産業用潤滑油
洗車オイル交換タイヤバッテリー板金・カーケア
会社概要採用情報お問い合せプライバシーポリシーサイトマップ